マコなり社長とはどんな人物?『寄り添い人』『内なる情熱家』

※ マコなり社長本人に許可を取っていないので、画像は全てフリー素材です。

 このブログは好奇心から様々な勉強をしている凡人介護士が学んだ事を記事にしているサイトです。

 その学びの場として様々なビジネス系ユーチューブ動画で勉強させてもらっています。


 そんな中の一人が

『マコなり社長』

という人物です。


 このマコなり社長のことを知らないで辿りついた貴方のために、マコなり社長がどんな人物かをご紹介します。





マコなり社長のプロフィール

 本人が公開している情報を元に紹介します。

>>>マコなり社長プロフィール

本名 : 真子就有(まこゆきなり)

生年月日: 1989年9月18日生

職業 : 株式会社div 代表取締役 

趣味 : バスケ、ランニング、アニメ、映画


 エンジニア養成スクールの会社です。

  それにより

『人生を変える機会を作る会社』

 ただし、私は社長としてのマコなり社長ではなく、ユーチューブで配信されているユーチューバーとしてのマコなり社長のファンです。

 そのため、その側面しか知りませんのでご了承ください。




私から見たマコなり社長の印象

 私から見たマコなり社長の印象は端的に言うと

『寄り添い人』

『内なる情熱家』

です。


 どういうことかもう少し詳しく見て行きましょう。



<マコなり社長は『寄り添い人』>

 論より証拠と言う事で、マコなり社長のユーチューブ動画を何本か見てらもうのが一番早いです。

>>>マコなり社長チャンネル


 今社会人として悩んでいる

『貴方に向けて』

のメッセージがとても多いです。


 立場としては経営者なのですが、

『従業員のために経営者は存在している』

を本当に実践している人なんだと思います。


 そのくらいに貴方や私の悩みや気持ちに寄り添ってくれています。

 その上で、

「じゃあどうしたら良いの?」

も示してくれます。


 ただ寄り添って傷を慰めてくれているのではなく、

「今の環境を変えるためには行動しなさい!」

という厳しさも持っています。


 厳しさも持っているのですが、その寄り添い具合と、口調のお陰で、叱られているとか、否定されている感じは微塵もありません。


 応援してくれているとしか感じません。

 社会人として落ち込んでいる貴方はマコなり社長の動画は必ず見るべき。


 そう言えるくらいの

『寄り添い人』

だと私は感じています。



<マコなり社長は『内なる情熱家』>

 口調は丁寧ですし、難しい言葉も使いません。

 言葉の抑揚もそこまで大きくありません。


 そのため一見すると

「やる気があるのかな?」

と感じる人もいるかもしれません。


 しかし、その心の内にある情熱は本物だと思います。

「悩んでいる社会人のために何とかしたい。」

「苦しい人生を何とか変えるキッカケを!」

「上司や役職者は、部下や弱い立場の人達を苦しめるな!」


 マコなり社長はこのような情熱が強い人だと感じます。


 話の内容によっては、話をしているうちに感情が溢れ、

◎、ドンドン前のめりになってくる

◎、手の動きが大きくなってくる

等、明らかに感情が溢れて来ているような部分があるので、是非注目して欲しいと思います。


 注目してみていないと分からない程度の変化ですけどね。

 話の内容からも、そういったにじみ出て来る部分からも、私は

『内なる情熱家』

との印象を持っています。




まとめ

『社会人として苦しんでいる貴方のことを何とかしたい。』


 そう本気で考える情熱を持ち、その情熱から、苦しんでいる貴方に寄り添う。

 寄り添った上で、貴方がその苦しみから抜け出すための後押しとしての厳しさも併せ持つ。


 社会人としての貴方を保ちつつ、

「今の苦しい状況から抜け出したい」

 そんな貴方の味方がマコなり社長です。


 最後にもう一人。

 私のブログで主に紹介しているもう一人の人物。

『マナブさん』


 こちらは社会人としての貴方を保つのではなく、

『勤め人として一生他者に依存した生き方から抜け出しましょう!』

 そうすれば会社や人間関係に縛られるストレスがなくなるよね?


 じゃあそのためにはどう行動したら良いのか?


 そのような部分に特化した人物ですので、

『社会人としての自分』

という枠での成長ではなく、

『個人としての自分』


 この成長を望む貴方にピッタリです!

>>>マナブさんとはどんな人物?『最強の凡人』『努力の人』


 少しでも

『マコなり社長に興味を持った』

とか、私の記事に興味を持った貴方は


◎、ツイッターのフォロー

◎、記事のシェア―

等を宜しくお願いします。

Posted by ふたひい