痔を市販薬だけで、とにかく早く治す方法。【一人で治す】

 新型コロナ自粛等によりテレワークをする人も増え、椅子に座る時間が増えたことで

『痔(じ)』

になっている人が多いようです。


 しかし、痔は何か恥ずかしくて他の人に相談しにくく、病院へ行くのは抵抗がある。


 そこで今回は、

「痔になっちゃったかも!でも一人でこっそり治したい」

「痔の説明なんていらない!とにかく早く治す方法だけを知りたい」

「オススメの市販薬はありますか?」

こういった貴方向けの記事となっています。


 私もこの期間に、このブログ等を活動的に更新していた結果、痔になってしまいました!

 しかも、気付いた時には結構進行しており、大きく、立派なイボに成長していました。


 そして、その立派なイボを市販薬だけで見事治しきりました。


 その際に調べ、実践した

『一人で早く治す方法』

を、一人で悩んでいる貴方に提供したくてこの記事を作成した次第です。


 今回の内容は

◎、痔の種類と見分け方

◎、痛いイボ痔を早く治すオススメ市販薬

◎、出血のある痔を早く治すオススメ市販薬

◎、オススメ市販薬だけで、痔はどのくらいで治るのか?

この4点になります。


 貴方は

「痔の説明なんていらないという私向けの記事って言ったのに、痔の種類を言うのか?」

と思ったかもしれません。


 しかし、痔は種類によって使用する薬が変わるため、どうしても外せない情報なので、これだけはお付き合い下さい。


 この記事を読む事で、余分な情報抜きに、とにかく早く痔を治す方法を知れます。


 ほとんどの痔を一人でこっそり治す事が出来ます。


 それでは早速、一人で治す、痔の早い治し方を見ていきましょう!





痔の種類と見分け方

 結論:『痛みがあるか?出血があるか?で見分ける』


 痔を治すためには、自分の痔がどの種類なのかを把握する必要があります。


 キチンとした見分けはもちろん、医療機関を受診した方が良いです。

 しかし、貴方は一人でこっそり治したいわけですので、自分自身で見分ける必要があります。

 そこで、素人の私達でもある程度見分ける方法を痔の特徴ごとにご紹介します。



<強い痛みがあり、出血はない>

 強い痛みがある場合はイボ痔の可能性が高いです。


 この場合、イボの部分が擦れて出血することはありますが、基本的に痔の症状として出血することはありません。


 進行具合としては、

『軽症』

 肛門付近に何か出来物があるような違和感がある程度。


『中程度』

 肛門付近を触るとイボのような出来物があり、押し戻さないと出てきてしまう状態。


『結構進行している』

 肛門付近のイボが大きく、押し戻してもすぐに出てきてしまう状態。



 私はこれで、押し戻してもすぐに出てきてしまう状態でした。

 このイボ痔は、日常生活をしていても、座っても、立っても、寝ても、常に痛いです。



<痛みはないが、出血はある>

 痛みがないけど、出血がある場合は痛みを感じない奥の方にイボが出来ている、イボ痔の可能性があります。


 肛門付近を触ってもイボが見つかりませんし、痛みも感じない。


 それなのに大量の出血をするので

「私はなんの病気になったんだろう!?」

と不安になりやすいですね。


 内臓に近い部分なので素人判断では全く分かりません。

 それが痔だと考えた場合には、痛みはないけど、沢山の出血がある。

 この特徴は内側に出来るイボ痔です。


 その他の病気の可能性までは私には分かりません。


 ただし、介護職員として、一つだけアドバイスは出来ます。

 あくまでも一つの傾向の話ですが、


『真っ赤な血(鮮血)なら表面的な出血で、危険性は低い』


『黒っぽい血なら内臓的な出血で、病院を受診した方が良い』


 是非一つの目安にして下さい。



<強い痛みがあり、出血もある>

 強い痛みがあり、出血もある場合は切れ痔の可能性が高いです。


 この切れ痔こそ一番出血するイメージですが、案外出血量は多くありません。


 日常生活で痛むというよりも、排泄時に強く痛む感じです。


 そのため、案外トイレに座るまでは切れ痔だったことを忘れてしまうこともあります。


 座って、排泄して

「痛い!忘れてた!」

みたいな状態ですね。


 貴方はどのタイプですか?

 それが分かったところで、いよいよ痔を早く治すオススメの市販薬の話に入っていきます。




痛いイボ痔、切れ痔を早く治すオススメ市販薬

 結論:『塗り薬+飲み薬』


 痔の薬には幾つか種類があります。


 これらは

「お客様の好みでご自由にどうぞ!」

という自由選択用ではなく、痔の種類によって使い分けるためです。


 痛みの出る

『イボ痔』『切れ痔』

には塗り薬を使います。


♪♪♪痔にはボラギノール♪♪♪

の印象が強いので

「とりあえずボラギノールで」

となりがちです。


 もちろんそれでも問題ないのですが、貴方は

「とにかく早く治したい!」

ですよね?


 それなら成分やその作用等を調べた結果、塗り薬で一番強い薬は

『プリザエース』

です。

表面麻酔成分、炎症を抑えるステロイド等も入っており、

「とにかく早く治したい」

という貴方向けです。


「ステロイドって何か悪いイメージがある。ステロイドは嫌だなぁ」

という貴方は、炎症を抑える力は弱まりますが、ボラギノールMという塗り薬になります。



 そして、塗り薬と併用して飲み薬も使いましょう。

 併用は問題ないと説明されていますので、とにかく早く治すためには併用が重要です!


 特に私は、飲み薬を使用してから急速に改善しましたので、

「早く治したいなら飲み薬は必須」

と言っておきます。


 私がオススメするイボ痔の飲み薬はこれです。

『ヘモリンド舌下錠』

 かなり進行していた私のイボ痔ですら、その日のうちに効果を実感できるレベルで効きました。


 切れ痔の場合は、速効というわけにはいきませんがこちらです。

『内服ボラギノールEP』




出血のあるイボ痔を早く治すオススメ市販薬

 結論:『座薬+飲み薬』


 出血のある、痛みのない内側のイボ痔には塗り薬が使えません。

 イボが内側過ぎて塗れないためですね。


 そのため内側のイボ痔には

『浣腸タイプ』か『座薬タイプ』

になります。


 しかしここでも貴方は

「とにかく早く治したい」

なわけですから、そうなると座薬です。


 座薬だと患部に留まり、直接・長時間作用しますからね。


 こちらもオススメは

『プリザエース』

です。



 そして、内側のイボ痔にも飲み薬の併用は必須です!

「イボが内側にあるのか?外側にあるのか?」

の違いだけですので、内側のイボ痔にもオススメは

『ヘモリンド舌下錠』

です。




オススメ市販薬だけで、痔はどのくらいで治るのか?

 結論:『2~4日で辛くなくなる』


 一般的には、痔を悪化させない生活をして、治療薬を使用してから3~4日くらいで辛くなくなると言われています。


 その後、元となる血豆が1ヶ月くらいかけて徐々に無くなっていくそうです。


 そこまで進行していなければ、恐らくこの通りになるのかと思います。


 ただし、私と同じくらいに進行している貴方は少し違います!


 私と同じように

「あれ!イボがメチャクチャ大きいんですけど!」

という貴方は私の体験談を参考にして下さい。


 私は最初塗り薬だけでした。

『一日3回+排便の度に塗る』


 こうしていると、症状は一進一退。

『寝て起きたら、少し良くなっているけど、仕事から帰ると元通り』

みたいな状態が3~4日間くらい続きました。


 つまり、大きな改善はないわけですね。

 そこで思いきって飲み薬を併用することにしました。


 それこそが

『ヘモリンド舌下錠』

です。


 お昼頃に買って来て、即使用。

 急性イボ痔なので一回2錠、一日4回。


 その日は、効果があるのかどうか何とも言えませんでした。

 しかし、次の日起きた時にビックリ!


 明らかに肛門付近の違和感に変化が!?


 塗り薬だけの時には、朝起きると

「おはよう。はい、今日も肛門付近にイボ痔さんはいますよね!」

という感じでした。


 しかし、その日は感覚的には

「おはよう。あれ?イボ痔さんまだ寝てるのかな?」

という感じだったんです。


 確かにまだそこにイボ痔はあるのはわかるのですが、明らかに弱っている感じとでも言えば良いのでしょうか。


 触ってみると、それまでは常にパンパンに硬くなっていたイボ痔が、その日はフニャフニャになっていたんですね。


 そのまま2日目も用法容量通りに飲みました。


 すると、その日の午後にはイボ痔さんは表面からいなくなりました!

 痛みもなくなりました。


 そして、この記事を書いている今は飲み薬を開始して4日目

 まだ長く座っていると肛門付近に元があるような感覚はありますが、普通に生活する上では何の問題もない状態にまで治りました。


 だから私は

『飲み薬も併用することを強くオススメ』

しているわけです。


 なお、

『飲み薬』

とは言っていますが、舌下錠なので、飲み込むのではなく、舌の裏の粘膜から成分を吸収させる薬です。


 これでもダメなら、市販薬で治すのは厳しいと思いますので、諦めて病院へ行きましょう。


 痔は

『肛門科・肛門外科』


 これらの病院がない場合は

『外科・消化器外科』

になります。




まとめ

 痛くて辛いけど、人には相談しにくい、一人で早く痔を治す方法でした。


 それでは

痔を市販薬だけで、とにかく早く治す方法。【一人で治す】

についてまとめて終わりにします。


 痔の種類と見分け方

 外側のイボ痔・・・とにかく痛い。出血はない。

 内側のイボ痔・・・痛くない。出血は多い。

 切れ痔・・・・・・排泄時に特に痛い。出血はそこまで多くない。


 外側のイボ痔を早く治すオススメ市販薬は

『プリザエース』+『ヘモリンド舌下錠』


 切れ痔を早く治すオススメ市販薬は

『プリザエース』+『内服ボラギノールEP』


 内側のイボ痔を早く治すオススメ市販薬は

 『プリザエース坐剤』+『ヘモリンド舌下錠』


 オススメ市販薬だけで、痔はどのくらいで治るのか?

 通常は3~4日で辛くなくなる。


 私の場合は塗り薬では大きく改善せず、飲み薬を併用し始めて2日目で辛くなくなった。



 痔になってしまい、

「痔には何が良いのかな?アズノール?オロナイン?」

「痔に効くツボは?食べ物は何が良いのかな?」

等と遠回りなことを調べているくらいなら、ダイレクトに痔専用薬を使った方が確実です!


 あとは、行動するかしないかは貴方次第です。


 私は即行動して、痔の痛みから解放されました。

 貴方も是非お試し下さい!



 少しでも私が言っていることが

「役に立った」

「面白かった」

等、興味を持って頂けた貴方は

◎、ツイッターのフォロー

◎、記事のシェア―

◎、 読書が苦手な人に本や知識を紹介するブログ。

等も宜しくお願いします。

                                               

 出来るだけ読者にとって邪魔な広告を載せないで運営して行こうと考えていますので、

「これで缶コーヒーでも飲みなよ」

という感覚で支援を頂けるとありがたく思います。

 ご支援はこちら!!!