介護施設で本当にあった怖い話『通話』

 介護施設では様々な怖い話、体験談が語られています。

 その多くは職員間で共有されているだけで、表に出て来ることはありません。


 そこで、そんな

『表に出てきていない介護施設での本当にあった怖い話』

を語りたいと思います。


 今回ご紹介するのは、実際に私が働いていた介護施設で夜勤中に職員A子が体験した怖い話になります。


 それでは、貴方を深夜の介護施設にご招待です。





介護施設での恐怖体験『夜勤中の通話』

 5月20日。

 時間は深夜2時15分。


 その日は春から夏への季節の変わり目で、深夜になっても蒸し暑さが残る日でした。

 A子は介護職員としてもうすぐ20年にもなるベテラン介護職員。


 その日もいつものように夜勤業務に入っていました。

 私の働いていたこの施設では、夜勤は3名体制。

 変わり番に仮眠に入ります。


 深夜2時台は最後の一人が仮眠に入り、2つあるフロアに1名ずつ職員が起きているだけの状態になります。


 従来型特養の夜勤は

『ご利用者が寝ていれば静か』

『覚醒してナースコールが鳴りやまない時は戦場』

 そんな半分運任せな状態です。


 その日の夜勤はご利用者も寝静まり、比較的平和でした。

 A子の相勤者はいつものように午前2時に仮眠に入り、そのフロアにはA子が一人になりました。


 ・・・静か

 その日はナースコールもなく静まり返っていました。


 しかしそんな平和な時間も束の間。

 深夜2時10分。

 ナースコールが鳴ります。

 ○-2のベッドからでした。


 ○-2のご利用者は夜中に覚醒すると、排尿があろうと、なかろうと

「オムツ交換して」

とナースコールを押すご利用者です。


 A子は

「○○さんが起きたんだな」

と○-2へ向かいます。


 従来特養は基本的に多床室。

 その部屋も一部屋に4台のベッドが設置されています。


 その中で2番目のベッド○-2。


 A子が到着すると、ポケットに入れていたナースコール受信用のPHSが

ピピピピピ、ピピピピピ・・・

と鳴り始めました。 


 今度は○の部屋と真逆にある△の部屋からです。


「はぁ~、私一人の時に一気に起き始めたか」


 他のご利用者も覚醒してしまい、穏やかで静かな夜勤が戦場へと変わる様相を見せ始め、A子は思わず溜め息をついたのです。


「他の方にも呼ばれたので少々お待ち下さい」

 A子は○-2のご利用者にそう伝え、△の部屋へ。


 △の部屋に向かっている最中にまたPHSが

ピピピピピ、ピピピピピ・・・


「何でみんな同じタイミングで起きるんだろう」

思わずそのように呟きながら、PHSを取り


「他の方に呼ばれている最中なので少々お待ち下さい。」

 A子はPHS越しにご利用者に伝え、呼ばれた順番で△部屋に向かいます。


 △部屋に到着すると、どうやら寝返りをうったときに誤ってナースコールのボタンを押してしまっていただけのようでした。


 その事を確認し、次は先ほど鳴っていた部屋に向かいます。

 するとまたPHSが

ピピピピピ、ピピピピピ・・・


 従来特養の夜勤は本当にこんなモノです。


 PHSを確認すると

『○-3』

と表記されています。


 最初にナースコールを鳴らした人の隣のベッドです。


 A子は内心では

[さっき行った時に、ついでに用件を言ってくれれば良かったでしょうに]

と思いつつも、深呼吸をし、怒りを落ち着かせながらPHSを取りました。


「はい、今他の方の対応中なので、少々お待ち下さい」


 すると向こうから

「はい、忙しいのにすみません。わかりました。絶対に待ってますので。」

と返答がありました。


 忙しい職員の状況を理解してくれるこの言葉に安心して、A子は呼ばれた順番に居室を訪れます。


 ・・・とりあえずこれでナースコールはひと段落。


 先ほど

「待ってます」

と言ってくれたご利用者のところへ向かおうとした瞬間。


 A子は”ある事”に気付き、怖くなって震えだし、その場から動けなくなってしまいました。


 そのまま約1時間30分間。

 動けず震えてうずくまっているA子は、仮眠から戻った相勤者によって発見されました。


「絶対に待っています」

 PHSでこのように言ってきたベッド。


 数日前にご利用者が亡くなったばかりで、誰もいないベッドだったんです。


 では、一体誰がナースコールを鳴らしたのでしょうか?


「絶対に待っています」

こう言ったのは一体誰だったのでしょうか?


 そして今でもA子が引っ掛かっていると言う

『絶対に』

という言葉・・・


 真相は今でも謎のままです。




最後に

 私は既に退職しているのですが、A子は今でもその施設で働いているようです。


 A子は昔からそのような不思議な体験を沢山するようで、他にもA子が体験したエピソードはあります。


 それはまた別の機会にいたしましょう。



 少しでも私が言っていることが

「役に立った」

「面白かった」

等、興味を持って頂けた貴方は

◎、ツイッターのフォロー

◎、記事のシェア―

◎、他の記事

等も宜しくお願いします。


 ここまで読んでいただき有難うございました。