【介護】食事介助の基礎知識。嚥下の確認方法は?食べるペースは?『介助編』

2020年5月12日

「私は食事介助スキルが高いです」

と胸を張って言っている介護職員を見たことがない!


 案外ベテランと言われる介護福祉士でも食事介助に疎かったりします。

 そこで今回は食事介助スキルの基礎について話していきます。


 私から提案する食事介助の基礎は7項目

◎、座って介助をする

◎、最大でも2人まで

◎、麻痺側はダメ

◎、水分のタイミング

◎、一口量の目安

◎、嚥下(飲み込み)確認方法

◎、嚥下速度

です。


 全て基本ですので、一つでも知らなかったら、この機会に覚えておきましょう!


 なお、食事介助の基礎として、ご利用者の施設やテーブルの高さ調整等、事前準備についてはこちらの記事をお読みください。

>>>【介護】食事介助の基礎知識。適切な姿勢は?テーブルの高さは?『準備編』


「食事介助でご利用者が口を開けてくれないんです!どうしたら良いの?」

等と悩んでいる貴方は、その具体的な介助方法についてこちらをどうぞ。

>>>食事介助をしても口が開かない、ご飯を食べない高齢者の食事介助のコツ5選


 では早速それぞれについて見て行きましょう!





食事介助スキルの基本『座って介助をする』

 結論:『立って介助すると危険』


「立って食事介助なんてするわけないでしょ」

と思うかもしれませんが、施設だと案外多くの職員がやっています。


 特に従来型特養では多いです。

 食事介助をしていると、食べるのが早いご利用者がトイレからナースコールを鳴らすので、対応する。
 食事介助に戻る。
 今度は居室から
「寝かせて」
とナースコール。
 食事介助に戻る。
 次は
「歯ブラシ~」
と呼ばれる。
 食事介助に戻る。
 同じテーブルのご利用者が食べていない事に気付いて促す。
 戻る。
「食器下げて」
と呼ばれる。
 戻る。
 付き添い歩行のご利用者が歩き始める。
・・・・・・・

 従来特養での食事介助時はいつもこのような状態です。


 だから

「もう!座ってる暇がない!立ったままでいいや!」

となりがちなんですね。


 さて、立ったまま食事介助をしてしまっている介護職員の事情が分かった上で、貴方に一つ質問をします。


『何故立ったまま食事介助をしてはいけないのでしょうか?』


 少しだけでも考えてみて下さい。


 ツイッター上では多くの介護職員は

「立ったまま食事介助をしたら失礼だから」

と言います。


 間違いなくそれも理由の一つです。

 しかし、従来特養の状況を見ましたよね?


『失礼』

より、

『安全』

を優先していると捉えるとどうでしょうか?


 少し悩みますよね。


 しかし、それでも私の考えは

『それでも立った状態での食事介助はダメ』

です。


 理由はシンプルです。

 立ったままの食事介助は失礼以上に、危険だからです。


 食事介助を受けているご利用者は職員の手元やスプーンを目で追い掛けます。

 つまり、立った状態で食事介助をすると、ご利用者が上を向いた状態で食事を食べる事になります。


 これは誤嚥を起こすリスクを大幅に跳ね上げます。

 失礼云々以前に、命に関わるレベルで危険なのでダメなんですね。


 転倒リスクはあるとは言え、ある程度は一人で歩けるご利用者の転倒より、誤嚥の方が命に関わることが多いです。


 それに、食事介助をしている一人の職員だけで対応しなければならない事もないでしょう。


 そのため、安全を取るという観点だけでも、立ったままの食事介助はダメなんですね。




食事介助スキルの基本『最大でも2人まで』

 結論:『3人以上にすると失礼で危険』


 介護施設経験者じゃなければイメージし難いかもしれませんが、一人の介護職員が複数人のご利用者の食事介助をします。


 ここでは、その最大人数の事を言っています。

 本当は1人対1人で食事介助ができれば良いのですが、従来特養等では不可能です。


 それをするためには職員を3倍以上に増やすか、食事を食べられないご利用者が出ます。


 そのため、今の介護の現状的に

『1人対1人の食事介助は難しい』

と言う部分はご理解下さい。


 その上で、問題になるのが

『一人の介護職員が一度に何人のご利用者の食事介助を行うのか?』

です。


 私の考えは結論でも言った通り、最大でも

『1人対2人』

までです。


 施設や職員によっては

「大丈夫ですよ!私なら3人、4人まで同時に介助出来ますから」

と自慢気に言う人がいます。


 しかし、2人以上のご利用者を同時に介助すると物凄く失礼ですし、物凄く危険なんです。


 職員が

『業務として』

もっと行えるかどうかなんて問題ではないんです。


 まず失礼という部分ですが、3人介助をするとこうなります。


この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は %E7%84%A1%E9%A1%8C-1.png です

 職員をご利用者が囲む形です。

 職員は常に体をひねったり、回ったりしながら介助をします。


 通称

『親鳥の餌やり』

と言ったり、言わなかったり。


 そのためご利用者は背中越しに介助されることになります。

 物凄く失礼ですよね。


 そして最大の問題点が危険性です。

「3人以上介助が出来る!」

と自慢気に言う介護職員は食事も

『作業』

と見ています。


 そのため、安全面や食事を楽しむ、ペース配分等をご利用者目線で見ていません。

 介助を行う自分のペースで介助をします。


 更に、飲み込んだタイミング等をキチンと見られないのに、自分のペースで介助するので口にご飯を押し込みます。


 その結果誤嚥を起こします。


 どのくらい危険かを、実際の数字でお教えします。


『2ヶ月に1~2人のペースで誤嚥性肺炎によってご利用者が死亡』


 3人介助が常態化していた某従来特養の実際の数字です。

 これって異常事態ですよね。


 しかし、その施設の職員は誰一人として疑問に思わず、これが普通だと思っていました。


 そこで

『3人以上介助禁止』

このようにした事で、誤嚥性肺炎による死亡者は年単位でもほぼ0になりました。


 3人以上介助がどれだけ危険な行為かこれだけでも分かりますよね。


 このように言うと

「うちは3人以上介助しているけど、そこまで酷くないよ」

と考えるかもしれません。


 しかし、そのせいで不具合が生じているご利用者は必ずいます。

 それを辞めるだけで、今よりも良くなるのは間違いありません。


『死ななければ良いや』

という考え方が貴方の介護観なのですか?




食事介助スキルの基本『麻痺側はダメ』

 結論:『麻痺側に食べ物を入れてはいけない』


 麻痺側に食べ物を入れてはいけません。


 麻痺側は嚥下能力も含めて麻痺しているそうです。

 そのため、麻痺側から飲み込む事は不可能。


 もし飲み込んでしまったら、それは飲み込んでいるのではなく、落ちて入りこんでしまっただけ。

 つまり、誤嚥直行です。


 更に言うと、麻痺側に食べ物が入っていると、それだけで怖いです。

 これは貴方でも体験出来ます。


 歯医者に行き、麻酔が切れる前に食事をすれば気持ちが分かります。

 これ、本当はやっちゃダメです!

 感覚がないので、麻痺部分を噛み切ってしまうレベルの大怪我リスクがあるからです。


 その自分達ですら絶対にやってはいけない大怪我リスクを負っていることを、ご利用者にやるのと同じなんです。


 だから、危険だし、感覚がないところに異物が入り込むのは物凄く怖いんです。


 誤嚥だけではなく、ご利用者に

『恐怖を与える』


 是非覚えておいて下さい。




食事介助スキルの基本『水分のタイミング』

 結論:『食事前と食事後』


 水分は食事の前と後に摂取していただきましょう。

 これは嚥下のしやすさに大きく影響するためです。


 高齢者は唾液量が貴方よりも少ないです。

 そのため、水分で口の中を潤しておかないと食べ難いことが多いです。


 口の中が乾いていたら、最悪食べ物がのどに詰まってしまいます。

 それを防ぐ為にも、食事の前に水分を一口だけでも飲んでもらいましょう。


 食後に関しては私達と同じ理由です。

 口腔内をキレイにする意味合いです。


 何度も従来特養を引き合いに出して申し訳ないですが、施設の口腔ケアなんてほとんどが雑です。


「まだ食べカスだらけやん!」

と言いたくなるレベルです。


 それならせめて最後にお茶で口腔内をキレイにしておきましょう。

 その方が口腔ケアもしやすいでしょうし。


 これも、もし自分で体験したいなら、運動したり、入浴介助をした直後で喉がカラカラな時に食パンを食べて下さい。


 最初に一口何か水分を飲んでから食べたくなりますよね?

 ご利用者も同じなんです。




食事介助スキルの基本『一口量の目安』

 結論:『ティースプーン1杯分』


 食事介助を行うスプーンの大きさは施設によって違います。

 しかし、ご利用者が一口で食べられる食事の量に大差はありませんので、一口でどのくらいご飯を介助すれば良いのか?


 これは知っておく必要があります。

 それが概ね

『ティースプーン1杯分』

です。


 食事介助の難しいところで、口に入れる量が少ないと嚥下反射が起きず、しかも飲み込み難い。

 口に入れる量が多いと窒息や誤嚥のリスクが高くなる。


 そのため、適量じゃないとダメなんですね。

 その適量の目安がティースプーン1杯分。


 これは理屈がどうではなく、そのように覚えるしかないですね。


 食事介助を

『作業』

として行っている介護職員は一口量を多くする傾向にあるのでご注意下さい。


 彼らは

『ティースプーン1杯分』

と言っても、モリモリの山盛り1杯にするくらい

『作業』

として見ていますからね。




食事介助スキルの基本『嚥下(飲み込み)確認方法』

 結論:『顔の筋肉、ノドの動きをみる』


 新人介護職員が最初に悩むポイント。


 それが

『飲み込んだタイミングが分からない』

です。


 人は飲み込む時に、食べ物を奥に送り込む関係で、顔の筋肉が動きます。


 そのため、一番見易いのは

『ホホの筋肉が引き締まったかどうか』

です。


 自分で試して貰えばわかりますが、物を飲み込む時にはホホを動かしていますからね。


 しかしご利用者によっては喉奥だけで飲み込むご利用者もいます。

 その場合にはホホの筋肉をほとんど使わないので、ホホの筋肉を見ていても分かりません。


 そんな時には

『喉の動き』

を見て下さい。


 喉奥だけで飲み込むご利用者だろうと、誰だろうと、必ず喉は通過させますからね。

 喉が動けば飲み込んだサインです。


 しかし、麻痺の部分でも言いました。

 麻痺している方は嚥下能力も麻痺しているんです。

 そのため麻痺している人は喉も動きません。

 動いても、動きが小さく分かりにくい場合が多いです。


 男性ならノド仏が出ているので片麻痺でも分かるのですが、女性ではノドの動きも分かり難いです。


 その場合には、最終手段

『介助する振りをして、口が空いた瞬間に口の中を見る』


 これが一番確実です。

 口の中に食べ物が残っていないか目視するわけですからね。

 ただし、最終手段ですので、乱用しないように。


 なお、知っているとカッコイイ余談を一つ。

 麻痺のない通常の人が嚥下する時、喉は上下に動きます。


 しかし、麻痺があると、健側に引っ張られて喉がに動きます。


 これを知っていると

『一見麻痺があるのかないのか分からないご利用者』

『両麻痺だけど、より強い麻痺がどっちか分からないご利用者』

の体の麻痺状況を知る事が出来ます。


 是非今日からでも、ご利用者のノドの動きに着目して

「先輩カッコイイ」

と言われましょう!




食事介助スキルの基本『嚥下速度』

 結論:『お茶は早くても20秒で2~3口まで。食事は飲み込んでから深呼吸』


 どのくらいの早さで食事を口に入れたら良いのか?

 これは嚥下速度を知っていれば分かります。


 これは数値でいうより、実際に体験した方が早いです。


 今からスマホでも、時計でも良いので20秒測って下さい。

 その間に何回唾でも空気でも良いので、飲み込めるかやってみて下さい。


 はい、スタート!


 多少個人差はありますが、6~10回位だと思います。

 10回くらい出来た貴方は、恐らく後半ノド、アゴ辺りが動かなくなる感覚を覚えたと思います。


 咀嚼時間を設けず、貴方が必死に飲み込む事だけに集中してもそれだけしか飲み込めません。

 高齢者はこの半分だと思って下さい。


 食事の際に

「よし、嚥下回数を早くするぞ!」

なんて意識しませんから、もっとゆっくり嚥下します。


 そのため、早くても20秒で2~3回くらいですね。


 この早さは咀嚼しないで飲み込むお茶の介助速度の時に参考になります。


 では咀嚼する場合の速度はどうしましょうか?

 それは飲み込んでから、深呼吸するくらいの時間をおいて次の一口を介助して下さい。


 これも基礎と言うより、知っているとカッコイイ余談として話します。

 飲み込むと言う動作は息を止める動作でもあります。


 そのため、口に食べ物を入れる早さが早すぎると、ご利用者は息を止めている時間が長くなります。


「最近ご利用者がご飯を食べなくなったんだよね」

「ご飯を食べ始めるとすぐ疲れちゃうんだよね。」

と感じる場合は、口にご飯を入れる速度に問題がある可能性があります。


 通常のお膳の食事を食べ切るまでに概ね100回嚥下をすると言われます。

 その都度息を止めています。


 つまり1回の食事の間に100回も息を止めている。

 細かい数字は忘れてしまったのですが、ご利用者だとトータルで5分近く息を止めています。


 早く口に食べ物を入れられると、呼吸する間もなく息を止めている長さが増えます。


 そりゃあ疲れますよね。

 そのため、ご利用者には一口、一口の合間に深呼吸をする時間を設ける事が重要なんです。


 何なら私は

「はい、一回深呼吸!」

なんて、こちらから促しながら介助します。


 このような

「ご利用者が食事を食べない時にどうしたら良いの?」

についてはこちらの記事をお読みください。

>>>食事介助をしても口が開かない、ご飯を食べない高齢者の食事介助のコツ5選




まとめ

 教科書等には載っていない食事介助の基礎について見てきました。


 それでは最後に

『食事介助の基礎知識。嚥下の確認方法は?食べるペースは?介助編』

についてまとめて終わりにします。


 座って介助をすると

『失礼』

『ご利用者が上を向くので誤嚥リスクが高まるので危険』


 一度に行う食事介助人数は最大でも2人までが限界。

 それ以上介助をすると、それが主な原因で死亡者が増えるほど危険。


 麻痺側は嚥下能力も麻痺しているので誤嚥する。

 更に、大怪我リスクもありご利用者に

『恐怖』

を与える。


 水分のタイミングは

『食事前と食事後』


 一口量の目安は

『常識的な範囲でティースプーン1杯分』


 嚥下(飲み込み)確認方法は

◎、ホホの筋肉の動きを見る

◎、ノドの動きを見る

◎、口を開けてもらった瞬間に見る


 口の中に食べ物を入れる速度は

『お茶は早くても20秒で2~3口まで。食事は飲み込んでから深呼吸』



 貴方の人生で食事とは作業ですか?楽しみですか?

 ご利用者も貴方と同じです。


 それを奪う介助をしていませんか?

 この事を知って行動するか、行動しないかは貴方次第です。


 情報は得るだけでは意味がありません。

 行動して初めて意味を持ちます。


 貴方は行動する側の人間ですか?



 少しでも私が言っていることが

「役に立った」

「面白かった」

等、興味を持って頂けた貴方は

◎、ツイッターのフォロー

◎、記事のシェア―

◎、 読書が苦手な人に本や知識を紹介するブログ。

等も宜しくお願いします。

                                               

 出来るだけ読者にとって邪魔な広告を載せないで運営して行きたいので、

「これで缶コーヒーでも飲みなよ」

という感覚で支援を頂けると、広告量を減らして行けます!

 ご支援はこちら!!!

食事

Posted by ふたひい