マナブさん動画『【簡単】究極の節約法を公開する【これで無駄遣いが消滅します】』の解説

『【簡単】究極の節約法を公開する【これで無駄遣いが消滅します】』


 今回の動画は節約が苦手な人向けの内容となっています。


◎、貯金ができない

◎、すぐお金を使ってしまう

◎、銀行口座にお金が全然増えていかない

等で、目安としては銀行口座に100万円以上溜まっていないような人は必見です!


 今回の内容は大きく2つ

◎、節約思考

◎、投資思考

です。


 お金を貯める節約思考。

 お金を増やす投資思考。

「この2つを持てば、お金は溜まるよね」

と言う話です。


 お金がない時代からマナブさんが持っている思考で、具体的な実践方法まで知る事が出来ます。


 お金を節約するだけでは幸せにはなれない。

 しかし、増やすために消費していても必ずしも増えるとは限らない。

 だから節約しつつ、お金を増やす行動も取る。


 この2つの思考をバランスよく持つ事が重要だと言う事です。


 もう一度言いますがこれはマナブさんが貧乏時代から実践していることで、

「どうせ成功したから言える事なんでしょ?」

と言う方法ではありません。


「お金が溜まらない」

と悩んでいる今の貴方こそ見て、実践すべき内容になっています!


 では具体的に見て行きましょう!




無駄遣いが消滅する節約思考

<時給換算する>

 結論:『お金を使う時に時給換算をする』


 私はこれを聞いた時には

「ん?お金を使う時に時給換算って・・・どう言う事?」

と疑問だらけでした。


 しかし、話しを聞いたら

「なるほど!確かに!」

となりました。


 もったいぶっても何なので、説明すると

「これだけお金を使ったら、また○時間働かないといけないのか」

と考えると言うことです。


 そこでマナブさんの例を出します。

 マナブさんは貧乏時代が長かった人ですが、節約をしたことがないそうです。


 その理由がこの、

『お金を使う時に時給換算する』


 大学生時代のアルバイトの話。

 当時マナブさんは時給900円で働いていたそうです。


 そこでコンビニへ行くと一度に400円前後なんて即無くなります。

 つまり時給の半分が一瞬で消えるわけです。


 そこで

「うわ、また30分働かないといけないのか」

と思う。


 これが

『お金を使う時に時給換算する思考』

です。


 今から使うお金を、自分の労働時間に置き換えて考えるわけですね。


 メチャクチャ今の仕事が大好きで、充実しまくりだとイメージしにくいかもしれません。


 しかし、この記事を見ている貴方は恐らく違いますよね?

 基本的には労働が苦痛だからお金を溜めたいと考えて、ここにいるんですよね?


 それなら、この

『お金を使う時に時給換算する』

は効果テキメンです。


 もし

「ついついお金をポロポロと使ってしまう」

そんな人、そのポロポロがチリも積もれば山となるで、お金が溜まっていかない原因の一つです。


 そんな人ほど、お金を使う度に時給換算すれば

『ついつい』

を失くしていく事が出来て効果的です。


 だってお金を使う度に

「また働かなきゃいけないのか。」

と頭に浮かび


「だったらこれに使わずに家に帰ってユーチューブ見ながらゴロゴロした方が良くね?」

となるわけですからね。



<昼食代金を考える>

 あと、節約をもう少し強く意識するのなら、

◎、コンビニでの消費

◎、ランチで1000円前後消費

もやめた方が良いです。


 だってサラリーマンの時給は1000~2000円くらいですよね。

 それで昼食のために1時間労働分のお金を使っちゃうなんて、いつまで経っても無間地獄です。


 そうなると

「自分の今の働き方おかしくないか?」

となります。


 すると

「自分のこの給料じゃどう考えても豊かになれないな」

「これじゃずっと働き詰めで死ぬまで労働じゃん」

そう思えて来ます。


 マナブさんはこのような考えに至り、その結果

◎、会社を辞める

◎、自分でブログを書く

◎、プログラミングを勉強する


そういうモチベーションに繋がったそうです。


 ちなみに、私の給料を時給換算すると

約1400円です。


 昼食は社食で200円です。

 昼食はほぼ問題なさそうですが、コンビニでガッツリ買い物をしてしまうんですよね。


 普通に2000円とか3000円とか軽く使います。

 その度に2時間働かないといけない・・・うわ、改めてそう考えるとエグイですね。


 貴方はどうですか?




お金を増やす投資思考

<『自己投資用財布』と『個人の財布』>

結論:『財布を2つに分ける』


 基本的にマナブさんは努力の人ですので、

「努力しましょうよ!」

ということです。


 その努力をするにもお金は必要なので、努力をするためのお金の話になります。


 そのために必要なことが

『財布を2つに分ける』

という行動です。


 どのように分けるのか?


 それは

『自己投資用の財布』と『個人の財布』

の2つです。


 自己投資用の財布のお金は自己投資以外に使ってはいけません。

 自己投資用の財布はお金を増やすために使います。


 そして増えても全部自己投資に使います。

 プライベートの個人の財布に入れる事はしません。


 一方の個人の財布は先ほど紹介した

『お金を使う時に時給換算をする』

で節約しながら溜めます。


 これは会社の経営者と同じ思考だそうです。

 会社の経営者の感覚としては財布は2つあるそうです。


『会社の財布』=事業の為にしか使えない

『個人の財布』=個人のポケットマネー


 つまり

「これを個人でもやりましょう!」

と言う事ですね。


『会社のお金』=『自己投資用の財布』→自己投資にしか使ってはいけない。

『個人の財布』=同左→個人のポケットマネー。



<自己投資財布の使い方例>

 もう少し具体的に、マナブさんが大学生のときにはどのように使い分けていたのかを紹介します。


『アルバイト等の労働で得たお金=貯金』

『ブログやアフィリエイト等で稼いだお金(少額だけど)=投資に使う』


 マナブさんが当時やっていた自己投資方法としては

◎、本を買う

◎、ブログのツールを買う

◎、マックブックプロ(パソコン)を買う

等。


 ではどのように財布を2つに分ければ良いのか?

◎、口座を2つ用意する

◎、自己投資用に20万円くらい用意する。

※ 失ったら痛いくらいの金額

◎、そのお金を自己投資用口座に入れる

◎、後は自己投資以外では使わない

これだけです。


 マナブさんの場合はこの20万円を元にアフィリエイト(ブログ等を運営して広告収入を得る)を始めたそうです。


 そしてその結果、

『1日で全部なくなった。』


 そうそう上手くいく物じゃありませんね。


 ただ、そこでとても悔しい思いをしたので、悔しさをバネに努力をして回収していったそうです。

 その結果、成長することができ、今の月収800万円のマナブさんがいるそうです。


 どのように自己投資をして、どのように使い、どのように増やすかは人それぞれです。

 しかし、マナブさん的にオススメな自己投資方法としては大きく5つ。


 自己投資として

◎、個人で稼ぐ

◎、副業にコミットする

◎、教材(本)を買う

◎、スクールに行く

◎、イベント・セミナーに参加する


そのために自己投資用の財布を作る。

 これがオススメとなります。




まとめ

 では最後に今回のお金を溜める思考法をまとめて終わりにします。


 財布を

『自己投資用の財布』と『個人の財布』

の2つに分ける。


 お金を使う時に

『自分の労働量と同じだけの時給換算』

をすると、個人の財布はドンドン溜まっていく。


 一方自己投資の財布はそう簡単には増えて行かないけれど、成長に繋がる使い方をする。

 そして増えたら、それを個人の財布に入れるのではなく、全部自己投資に使う


 するとその分だけ自分のスキルがドンドン上がっていく。

 この好循環を生み出す事が出来るとお金は自然と溜まっていくので良い感じ!


1、お金を使う前に時給換算

2、財布を2つにしましょう


 この節約思考と投資思考のバランスを保つと安定してお金が溜まっていきます。


「お金が溜まらない」

等と悩んでいる貴方は今すぐ

◎、自分の労働を時給換算する

◎、財布を2つにわける


この行動をして下さい。


 私はこの記事を書き始める前に実行しました。

 私の今の時給は1400円です。

 使っていなかったネットバンクにお金をいれました。


 さあ、貴方は行動しますか?

 それとも、行動しないで今までと変わらない人生を過ごしますか?


 それを選ぶのは貴方自身です。



少しでも

「マナブさんに興味を持った」

とか、私の記事に興味を持ってくれた貴方は



◎、ツイッターのフォロー

◎、記事のシェア

等を宜しくお願いします。

ふたひいに

「これで缶コーヒーでも飲んでよ!」

と応援してくれる貴方はこちらからお願いします。
ふたひい@…にOFUSEする