死生観の必読書!イェール大学で23年連続の人気講義「死とは何か」:パート1 『生と死について考える』

人は必ず死ぬ。だからこそ、どう生きるべきか

 貴方は

『死とは何か?』

考えた事はありますか?


「死んだら無になるだけ」

「死んだら天国・地獄に行く」

「死んだら生まれ変わる」

「死んだ人にしかわからない」

等々。


 多かれ少なかれ考えた経験はあると思います。


 そんな

『死とは何か?』

をフラットな状態で、徹底的に考察したのが本記事で紹介していく

『死とは何か』

という本の内容になります。


 恐らく貴方が今までに考えても答えが出なかったことや、考えたこともなかった死の側面を新発見出来ると思います。


 そして死を学ぶ上で、生についても学ぶ事が出来ます。


『死について真剣に学びたい貴方』

『人の死と向き合う仕事をしている貴方』

『生きている人全て』

のための必読書だと思います。


 しかし、この本は読書慣れしていないと読了するのは大変です。

 そのため、私が各章について簡単にですが内容を要約してご紹介しますので、興味を持った貴方は是非手に取ってみて下さい。 



 本書の内容はとても濃く・量もあるため一つの記事に、まとめ切る事は難しいので、各章事に複数記事に分けて紹介していきます。


 本記事はパート1とし、

『導入』

『生と死』

についてを紹介していきます。




第一章:「死」について考える

 死について考える理由を述べている導入の章になります。


「死んだらどうなるの?」

 これを考える上で、人にとって重要な要素は

「魂ってあるの?」

だと思います。


 この疑問は多くの人の関心事項の一つだと思われます。

 この考察の結果次第で

”あの世”

と言う存在を考察している人達の全てを否定する事にもなり得るからです。


 この部分は原文には書かれているそうなのですが、残念なことに、この魂に関する考察(形而上学)は日本語翻訳版には記載されていません。


 かなり深い考察の結果だと思われますが、本書の著者は

『魂は存在しない』

との考えに至っています。


 その簡略的な説明だけ第一章で

『日本の読者のみなさんへ』

として書かれています。


 そのため、全体を通して

『魂と言う存在は存在しない』

と仮定して進められていきます。




第二章:死の本質

<生きているとは何?>

《生が終わる事で死が訪れる》

 これは恐らく事実だと思われます。


 とすると、死を考える上でどうしても必要になってくる事。

 それが

『生とは何か?』

です。


 ここで一つ質問です。

 貴方は

「一週間後の自分が生きている」

 このように言える生きている形とはどのような状態ですか?


 この質問に関する考察は死生観として記事を書いているのでそちらをお読みください。


 その考察から、人間はどの段階で死んだと言えるのか?

の境界線が見えてきます。


『人格を失った瞬間?』

『生き物としての機能を失った瞬間?』

『生き物として肉体を失った瞬間?』


 この考察を軸に様々な世の中にある疑問を考察していく章となっています。

『臓器移植と殺人』

『睡眠と死』

『冷凍睡眠と死』



<シェリー先生(著者)の回答>

 生きている人間は様々な形で身体機能を有する。

 人間の身体は更に高次な人格機能を果たす事も出来る。


 その両方を持つことで、生きた人間と言う事が出来る。


 しかし、いずれ身体は壊れ始め、人格機能も失っていく。

 人格機能が失われると、人格を持った人間ではなくなる。

 身体が壊れると、身体機能も失われ身体の死が訪れる。

 身体が壊れ切ると、存在が失われる。


 つまり、生と死とは、

『身体が作動し、それらが壊れていく作用』

 ただそれだけのことである。




最後に

 本書の内容としてはまだ序盤も序盤。

 ページにすると10%くらいの部分です。


 しかし、この部分が一番難しい内容だと感じますので、ここまでで面白いと感じた貴方は今後の内容は更に興味深く、面白く感じる事が出来ると思います。


 次回の内容は書き始めてみないと分かりませんが、私が最も印象に残っている

『死はなぜ悪いのか?』

についてです。


「誰にとって悪い事なのか?」

「死自体ではなく、死ぬまでの過程が悪い(怖い)?」

「可能性が奪われるから悪い?」

「人生が短いから悪い?」

等々、一人で考えていても答えの出ない疑問に入り込んで行きますのでこうご期待!



 少しでも私が言っていることが

「役に立った」

「面白かった」

等、興味を持って頂けた貴方は

◎、ツイッターのフォロー

◎、記事のシェア―

◎、他の記事

等も宜しくお願いします。


 ここまで読んでいただき有難うございました。