ハロウィンとは何か?カボチャのおばけの逸話《ジャック少年の物語》

2019年10月20日

ハロウィンと渋谷のバカ騒ぎ

「渋谷のスクランブル交差点で騒ぐお祭りの日!!!」

渋谷スクランブル交差点

 毎年ハロウィンの10月31日になるとニュースでも報道される

《渋谷のスクランブル交差点での大騒ぎ》


 実はハロウィンに関係する逸話を見ていくと、あながち無関係でも、無意味でもないことが分かります。


 もちろん、逸話に適していると言っても、現在において他の人達に迷惑を掛けてまでやるべきかは疑問が残ります。


 そのため、私は決して推奨しているわけではありませんので!


 今回はそんな渋谷のスクランブル交差点での騒ぎがあながち無意味ではないと考えられる、ハロウィンにまつわる逸話をご紹介していきます!


 なお、ハロウィンの由来や逸話には諸説が多く、細部は地域や世代等によって違いますので、予めご了承ください。

 そんな諸説の中でも、個人的に好きな逸話です。




ハロウィンとは何か?何日?

<大晦日>

 ハロウィンは毎年10月31日です。

 ではハロウィンとは何の行事でしょうか?


 ハロウィンとは、ケルト民族(ヨーロッパ)での大晦日です。

 今の日本の大晦日は12月31日ですが、これは西暦、つまりキリスト教が定めた暦です。


 ハロウィンが行われ始めた時代は、キリスト教とは違う暦が沢山ありました。

 そんな一つの暦なので、10月31日が大晦日なんです。



<収穫祭>

 ケルト民族は欲張りなんでしょうかね?

 ハロウィンには大晦日以外にも意味合いがあります。

 それが収穫祭です。


 基本は大晦日なので、農作業等の外仕事に一端区切りをつけます。

 日本にだって、年末は

《仕事納め》

として、仕事に区切りをつける風習がありますよね。


 そして、これから始まる冬に向けて家内作業に移行します。

 そのため、まだ残っている作物を収穫したり、家畜を保存食に加工したりします。


 だから収穫祭の意味合いもあるんですね。



<死者の日>

 死者の日と言うとあまりピンときませんが、日本で言うなら要はお盆です。

 日本でも

「ご先祖様が家に帰ってくる」

と考えていますよね。


 これと似ていて、ハロウィンの日には霊が現世に帰ってくると言われています。


 ただし、やはり文化に違いはあるもので、ハロウィンの場合は先祖等の良心的な霊だけではありません。


 現世とあの世の境界が薄まるとされているだけなので、悪霊や悪魔も含めて、死者が戻ると言われています。


 だから、魔除けの光、《カボチャのランタン》を飾るわけです。




カボチャのおばけのキャラクター

カボチャのランタン

 ハロウィンと言ったらカボチャのランタン。

 先ほども言いましたが、これは魔除けの光です。



<カボチャのおばけの名前>

 貴方はこのカボチャのランタンにキチンと名前があることをご存知ですか?

 その名は

《ジャック・オー・ランタン》


 ゲームの女神転生シリーズをやっている人には馴染みのある名前ですよね。

真・女神転生Ⅳファイナル

 ゲームをやらない人でも、プリクラは知っていますよね?

 ゲームセンターに普通に置いてある。

 その場で写真が撮れる”あれ”です。


 そのプリクラを初めて開発した会社が、主力として出しているゲームシリーズになります。

 そのため、初期のプリクラのマスコットキャラはこんな感じでした!

ジャックフロスト&ジャックオーランタン

 そのプリクラを開発した会社のマスコットキャラが青と白の方のキャラクターです。


 顔がカボチャの方がハロウィンのカボチャ

《ジャック・オー・ランタン》

です。



<かぼちゃのおばけは男の子。ジャックとは?>

 双方のキャラクターに共通している

《ジャック》

という名前。


 このジャックと言う名前は、欧州では男性の一般的な名前なのだそうです。


 日本で言うところの

《太郎》

のような位置付けですね。


 もちろん、成人男性でもジャックさんはいますが、男児に使う愛称のような使われ方もするようです。 


 そのため、

《ジャックオーランタン》

は無邪気な男児のような形で描かれることが多いようです。


 そんなジャックオーランタンには”とある”逸話が残っています。

 そんなジャック少年にまつわるお話をして行きます。




かぼちゃのお化けとジャック少年の物語

 いたずら好きのジャック少年

 ジャック少年はハロウィンの日に現世に戻ってきた悪魔に出会います。


 悪魔は

「お前の魂をよこせ!」

と迫ってきました。


 しかし、そこは普段からのイタズラ少年振りを発揮!

 イタズラ発想の機転を利かせて、見事悪魔を退けました。


 更に翌年のハロウィン。

 ジャック少年に出し抜かれた悪魔は再度ジャック少年の魂を奪いに来ました。


 しかし、そこは流石のジャック少年。

 ただ退けるだけではなく、悪魔に

「ジャック少年の魂はもう奪わない」

と約束までさせてしまいました!


 日本でいうところの一休さんですかね。


 その年以降悪魔はジャック少年の前には現れませんでした。

 しかし、その後ジャック少年は不慮の事故により亡くなりました。


 ジャック少年は死後に、魂を奪おうとしてきていた悪魔と再開します。


 しかし、既に

「ジャック少年の魂は奪わない」

と契約をしているため悪魔は魂を奪えません。


 つまり、魂を死後の世界に導けないわけです。

 ではジャック少年の魂はどこに行けば良いのか?


 それは

《現世とあの世の狭間》

です。


 つまり、魂は死ねずに、延々と一人で暗い世界を彷徨い続けることになりました。

 ジャック少年はとても悲しみ、泣き出してしまいました。


 その様子を憐れんだ悪魔は、餞別として

「暗い世界を少しでも照らせるように」

と地獄の火を灯したランタンを持たせました。


 これがハロウィンのカボチャのお化け

《ジャックオーランタン》

です。


 このランタンの火は地獄の火です。

 そのため、霊は地獄に行きたくないから逃げるため、魔除けになると言うことかもしれませんね。




最後に

 この逸話からすれば、生前イタズラ好きだったジャック少年が、今は一人孤独な暗い世界を彷徨っています。


 それが現世とあの世との境界が薄まるハロウィンの日には戻って来られると言うことです。


 本当はイタズラが好きで、人と関わることが大好きなジャック少年。

 そんな彼が孤独と闘い続けているのですから、ハロウィンのたった一日の過ごし方。

 きっとジャック少年は賑やかな所を好んで行くと思います。


 そのため、ハロウィンは静かに厳かな雰囲気よりも、賑やかにすることでジャック少年の鎮魂になる祭と言えるかと思います。


 渋谷のスクランブル交差点は世界的に見ても、ハロウィンによって賑やかになる有名な場所です。


「ハロウィンの由来も知らないでお祭り騒ぎしたいだけだろう」

と考える大人の方がハロウィンに関しては少しズレているのかもしれませんね。


「トリック・オア・トリート?」

《いたずらか、おもてなしか?》


 ジャック少年のことを考えたら、どうすることが良いんでしょうかね?



 少しでも私が言っていることが

「役に立った」

「面白かった」

等、興味を持って頂けた貴方は

◎、ツイッターのフォロー

◎、記事のシェア―

◎、他の記事

等も宜しくお願いします。


 ここまで読んでいただき有難うございました。